美容師の転職サイト キレイビズ

美容業界で働きたい方へのお役立ち情報を発信しています

面接で聞かれる!定番の質問

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

面接準備の基本として、「何を聞かれるか」を想定して答えに詰まらないように用意しておくこと。
特殊な質問でもない限り、スムーズに答えられないと「意欲が少ない」と捉えかねられません。
今回は、面接でよくある質問ピックアップしました。自分の考えをまとめ、面接に備えましょう。

なぜ前職を辞めようと思ったのですか?

転職の場合必ず聞かれる質問です。
この質問で気をつける最大のポイントは、マイナスな内容にならない事です。
たとえ本当の理由が「残業が多かった」「給料が少なかった」「人間関係が悪かった」など、ネガティブな内容であったとしても、上手くポジティブな理由に切り替えて伝えられるよう考えてみましょう。
ネガティブな理由を伝える事で、あなた自身がネガティブな人間だとという印象を与えかねません。
前向き、ポジティブな意見など、成長意欲を感じられる方が好まれます。

このサロンに応募した理由は?

いわゆる志望動機にですね。新卒・中途共に必ず聞かれるでしょう。
志望動機は履歴書やWeb応募時にも書いているかと思いますので、その内容を元に詳しくは話ましょう。
Web上の応募メッセージや履歴書に書いた内容とまったく異なる内容を話してしまうと、面接官はに疑問をを感じるはずです。
面接前には、提出済みの書類やメッセージは再確認して、当日面接の中で離す内容と整合性が取れる様にしておきましょう。
志望動機はそのサロンに合った内容にする事がポイントです。そのサロンで働きたいということをより強く印象付けることができますし、担当者もあなたが入職した時の姿を想像しやすく、採用に繋がりやすくなります。
ここでも、内容はポジティブになるように意識しましょう。

どんな美容師になりたいですか?

どんな美容師を目指しているのかと言う質問は、目標を持っているか、目標に向けて頑張れるか、などを判断される質問です。「お客様としっかりした信頼関係が築ける美容師になりたい」「○年後には売上トップの美容師になりたい」というように、具体的に応えられるとベストです。
目標を明確にすることで、よりスキル・ステップアップに有利になりますので、面接の準備を機に一度じっくり考えてみましょう。

得意な技術や、力を入れていきたい技術はありますか?

この質問は、あなたが目標を持っているかどうかを知ると共に、サロンの求める人物ととあなたがマッチどうかの判断材料にもなります。
得意な技術や人気のメニューがある美容室も多く、あなたが得意であったり力を入れたい技術とそのサロンの得意な技術が一致していれば、良いPRにもなります。求人を探す時点から意識しておくと良いでしょう。

あなたの長所・短所は何ですか?

美容師に限らず、定番の質問ですね。
美容師としての技術面に限った事である必要はありませんが、長所からサロンワークに活かせることのPRに繋げたり、短所は今後の課題に繋げたりすることで、仕事への取り組み方や、姿勢のアピールにもなります。
また、具体的なストーリーを織り交ぜることもポイントです。
前職での経験や、学生時代のエピソードなどに沿う形でお話しましょう。
ただし、短所を伝える場合は注意が必要です。仕事や、美容師として支障が出る内容は避けましょう。「短所はありません」という回答も避けましょうです。この回答では、「短所のない素晴らしい人間である」という意味ではなく、「自己分析ができていない人間」と捉えられてしまいます。

質問の回答には一貫性を。

全体通してのポイントとしては、どのような質問であっても回答に一貫性を持たせることです。質問によって答えが変わってしまうようでは、面接官があなたのことを理解できませんし、正しい評価ができません。
そのため、自分の希望や目標等を明確にしておくことが大切です。それを軸に、質問に答える事で、想定外の質問を受けたとしても、話の内容にブレる事がなく、面接官にもあなたの魅力が伝わりやすいでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方は、他にこちらの記事も読んでいます。